人気の愛知の骨董品買取店で高く買い取ってもらう秘訣とは

骨董品

what's new

骨董品の評価はすべて鑑定士で決まる

時計

某テレビ番組でも大切にしていた骨董品を鑑定し評価額を付けていますが、それをしている人の多くが鑑定士という人です。では鑑定士とはどういう人なのかというと「美…

more

広告に騙されないように

カメラ

お宝発掘番組や断捨離、遺品整理が話題になり、骨董品を買い取る店が格段に増えた気がします。解体業者なども業界に参入し、古参の古物商や骨董商は仕事がしにくい状…

more

骨董品の評価はすべて鑑定士で決まる

時計

某テレビ番組でも大切にしていた骨董品を鑑定し評価額を付けていますが、それをしている人の多くが鑑定士という人です。では鑑定士とはどういう人なのかというと「美術鑑定士」という資格を保有しており、骨董品の値段を判定したり本物偽物を識別する技量を持った人です。「美術鑑定士」の資格を得るためには特別な講義を受けたりすることはなく、骨董品に関わる画廊や、お店、美術館で経験を積むことが必要とされています。
よって、骨董品の鑑定士のもとで一定の修業を積めば「美術鑑定士」になることができます。しかし、「美術鑑定士」の資格を取得したからといっても、一人前の鑑定士として骨董品の所有者から信頼されるものではなく、地道に経験を積んでいき信頼を得ることができます。
一方の骨董品を買取ってもらいたい人からすると、信頼できる鑑定士がいるところで正確な鑑定をしてもらい評価額を設定してもらわなければなりません。そのために、その鑑定士のこれまでの買取実績や得意分野などを把握して信用に足るかを判断しなければなりません。骨董品は定価や需要などがなく評価額の目安がありませんので、鑑定士を信頼するしかありません。そういう意味で信用できる鑑定士を見つける努力をする必要があります。

menu

TOP